お金を貯金しようと思う気持ちについて

お金を預けるのに定期預金は意味が無いか

お金を貯金しようと思う気持ちについて 100万円があります。金利が0.1パーセントの1年定期預金がありました。1年後にはいくらになるでしょうか。税引前で利息が千円になります。そこから税金が引かれるので約800円弱です。これが多いか少ないかは人によって異なります。そんなに少ないのであれば別にする必要はないのかと思う人もいるでしょう。一方でどうせそのまま置いておくなら1円でもお金が増える方法で置いておいたほうがいいと考えることもあると思います。

金利が低いのに定期預金に預ける意味とは、ただ何もしないで置いておくよりはまし程度だと思います。もちろん自分なりになにか考えがあってもっと大きくする方法があるならそれをしてもいいと思います。でも持っていないなら置いておくしかありません。老後のため、子どもの教育資金、住宅の購入など色々なことで将来必要になるので何らかの形で置いておく必要があるのです。そのときに100万円で数百円円でも増えると助かります。

どうせ預けるなら金利の高いところと考えるでしょう。0.5パーセントのところであれば100万円で5千円近くつきます。これはかなり有利と言えるでしょう。ここまでの金利であれば預ける意味がないとは言えないと思います。